×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国旗の由来

国旗は辛亥革命で指導的立場にいた孫文が考えたもので、
赤、白、青は孫文が唱えた三民主義(民族主義、民主主義、民権主義)を表している。









台湾海峡によって中国大陸とへだてられ、
北は東シナ海、東は太平洋、南は南シナ海に面する島。

中華人民共和国の1省だが、
現在は中国国民党政府(台湾国民政府)が統治している。

支配領域は、台湾本島とポンフー島(澎湖島)および周辺の諸島、
中国大陸フーチエン省(福建省)アモイ(厦門)沖のチンメン島(金門島)、フーチョウ(福州)沖のマーツー島(馬祖島)をふくむ。

国民政府(国号は中華民国)の首都は公式には大陸のナンキン(南京)に
におかれているが、実質的には臨時首都タイペイ(台北)が政治・経済・文化の中心である。
台湾